肘黒ずみ治す方法をお探しのあなたに知って欲しい【4つの事実】

肘黒ずみ治す方法はあるの?肘黒ずみの原因と治すためのアプローチ

肘黒ずみ治す方法をお探しですよね?普段目につかないだけに気づいたときにはヒドイコトニなっている肘黒ずみ。治す方法はあるのでしょうか?肘黒ずみについて知っておくべき4つの事実を紹介します

 

肘黒ずみ治す方法をお探しですよね?

あなたも普段目につかないだけに、肘黒ずみに気づいたときには「ヒドイコトニなっていた(T_T)」パターンでしょ?そんな肘黒ずみ治す方法はあるんでしょうか?

肘黒ずみについて知っておくべき4つの事実がたった3分で分かっちゃいます!

肘黒ずみが気になって、半袖のトップスが着れないなんて!

春先から夏・秋にかけて、街中では明るい色のファッションが楽しめる季節。コートやジャケットはクリーニングに出して、半そでのブラウスやプルオーバー、Tシャツやキャミソールの出番です♪ でも、そんなふうに肌の露出が増える季節になると「肘の黒ずみ」が気になっちゃいますよね?

こんな黒い肘を他の人には見せられない!!

ということで、夏場も長袖のシャツで肘を隠さないといけないなんて、つまらないですよね? でも、肘と膝って、自分ではあまり見えないけど、他の人からは結構バッチリ見られちゃう部分。女の人なら「あぁ~ちょっと残念だけど『あるあるだよね~』」で済ましてくれますが、

あの肘の黒い女の人、お風呂で肘、洗ったこと無いんじゃないの?

なんて勘違いをする、あまり肌やスキンケアの知識がない男性も、まぁいますよね!(ーー;) 「そんなわけ、ないでしょ!ちょっとは勉強しろー!!!」って感じです。

でも、、、 1秒でいいので、想像してみて下さい。

(汗)とか(笑)で済ませられればいいんですけど、オフィスでもプライベートでも、そんなんじゃすまない場面と言うのは、やっぱありますよね? 肘黒ずみを「引け目」を感じて、だんだん深刻なコンプレックスになっちゃう女性も多いそうです。

そんなことになる前に、肘黒ずみについての正しい知識と、正しいケアで、悩みを解消しておきたいですよね?

肘黒ずみの原因って何?

あなたは自分の肘、よーく見てみたことありますか?(笑)

今、ちょっと見てみましょう。

肘って、、良く見てみると、すぐ近くのぷよぷよ二の腕♪とか、手とかとも、つくりが違うし、肌の質感も「なんか違う」って感じですよね?

実は、その「違い」がポイントだったんです!

肘=関節=曲がる

肘って関節ですから、曲がります。当たり前なんですけど。(笑)

曲がって伸び縮みするのが問題?

違います!

だって、「肘の内側」って、別に問題ないでしょ?

「肘=外側に曲がって、飛び出す部分」だっていうのが特徴なんです。 飛び出した部分って、体のほかの部分より、他のものに当たりやすいですよね?摩擦とか刺激が多いんです。

  • 長袖の服を着ていても、肘の内側と外側ではこすれ具合は全然違うし、
  • 「頬づえ」ついたり、
  • ベッドの上で肘をついて長時間スマホしたり、、

ちょっと思い出すだけでも、意外と肘って酷使されてるんです! この摩擦とか刺激で肌が乾燥しやすくなったり、カサカサになるのもありますが、黒ずみの原因になるメラニン色素って、肌を守る役割があるので、摩擦や刺激のある場所に集まりやすいんです。 実は、同じ原因で、肘は角質も分厚くなりやすいなんです

肘=骨に近い

肘って、筋肉が無くて骨に近いですよね? 酷使されて他のものに当たったり、圧力がかかると、肘の肌細胞は肉のクッションが無い状態でギュッとつぶされちゃいます!これも肘の「場所」とあいまって、かなりキツイ刺激になっちゃいます。すると、肌も痛むし、メラニンも集合してきちゃうんです。

肘=もともと汗腺や皮脂腺が少ない

実は、肘と膝って、他の部分の皮膚より汗腺とか皮脂腺が少ないんです。だから、何にもしなくても乾燥しやすいんです。

乾燥自体も問題なんですけど、さらに、乾燥すると、肌のターンオーバーっていう細胞の入れ替わりが正常に行われにくくなって、古い細胞が皮膚に長く残るようになります。

そうすると、肌の表面ではだんだんと「くすみ」になってきますし、内側ではメラニン色素が長時間同じ場所にあることで、他の細胞に色素が染み出して、シミや「黒ずみ」になっちゃうんです!

肘黒ずみを治す方法ってあるの?

 

肘黒ずみを治す方法はあるけど・・

肘黒ずみの治療法というと、皮膚科・美容皮膚科などで、

  • ハイドロキノン・トラネキサム酸・グリチルリチン酸2Kなどの美白成分を含むクリームを処方してもらったり、
  • ビタミンC・Lシステインなどの内服薬を処方してもらったり、
  • レーザー治療を受けたり

という方法があります。でも、健康保険を適用してもらえない場合がほとんどなので、費用が大きなネックです。 肝斑などの女性ホルモンの変動が原因で女性の顔に大きなシミや黒ずみができてしまった場合には、「さすがに」保険を適用して、診察・治療してくださる皮膚科医がほとんどです。

でも、、、普通の皮膚科で「肘黒ずみを治したいんです」と言っても、あんまり取り合ってくれないかもしれません。アトピーなど、皮膚科ってリピーターだけで結構混雑しますからね。「そ、そんなもんじゃないんですか?」って鼻で笑う失礼なお医者さんもいましたからね・・(実話)

肘黒ずみ治療を病院で受けるなら、はじめから美容皮膚科で相談するのが現実的。。。でも!費用が気になるならセルフケアで肘黒ずみ治す方法を探してみましょう!

自分で肘黒ずみ治せる?

シミ・黒ずみを消す医薬品

ドラッグストアで購入できる美白用のシミや黒ずみを消す医薬品もあります。これも飲み薬と塗り薬・クリームがあります。 テレビでCMをやっているようなものだと、トランシーノやキミエホワイトなどですね。

ただ、医薬品の中には、第一類医薬品のように、使用上の安全性について薬剤師からの情報提供が義務づけられているものもありますし、適応・症状や状態と希望の医薬品の組み合わせによっては販売してもらえないこともありますので、お手軽とは言えないかも知れません。

美白有効成分を配合した医薬部外品は手軽に試せる

普通の化粧品のように見えるけど、厚労省が認可した有効成分を含む医薬部外品の美白コスメ、というのもあります。

このあたりは毎年のように法律が変わっていますが、「前は処方薬じゃないと使えなかった成分が、新しく医薬部外品で使えるようになった」という例も多いです。

実は、上の「皮膚科で治療」の例で挙げたうち、

  • ハイドロキノン(2%以下)
  • トラネキサム酸
  • グリチルリチン酸2K

は、現在、医薬部外品でも使えるようになっているので、市販されているものもあります。

ただし、産業分野では「漂白剤」としても使われるくらい美白効果の高いハイドロキノンは刺激が強いことでも知られていて、配合濃度に制限があるくらいですし、トラネキサム酸も「肌に合わない」という敏感肌の人からの口コミもあります。

相性については試してみるしかないので、返品保障や返金保障がしっかりしている通販の美白クリームや、口コミや評判がいいもの、はじめから「敏感肌用」のような記載があるものから試してみるのがおすすめです。

雑誌でも口コミでも大人気の
医薬部外品の美白クリーム
ホワイトラグジュアリープレミアム
【94.8%が美白を実感!】
肘の黒ずみ美白 (※)
4000円OFFの超お得なキャンペーン
↓↓↓↓↓↓↓↓
>>ここをクリック!<<
2314 肘黒ずみ治す方法 ホワイトラグジュアリープレミアム

※ メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ