「医薬部外品」タグの記事一覧

医薬部外品とは 化粧品に比べ、厚労省の認可を受け、効果・効能を記載できる

医薬部外品(いやくぶがいひん)とは、日本の医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律に定められた、医薬品と化粧品の中間的な分類のもの。人体に対する作用の緩やかなもので、かつ、機械器具でないものです(クリームや液体・錠剤やカプセルなど、形状はさまざま)。

化粧品は効果・効能などをアピールすることができませんが、医薬部外品は、厚生労働大臣の承認をうけ、有効成分と効果効能を記載することができます

当サイトで特におすすめしている美白クリームの

  • ピューレパール
  • イビサクリーム
  • ホワイトラグジュアリープレミアム
  • ブライトニングクリスタル

は、いずれも医薬部外品です。

  • ピーチジョン・デリケートウォッシュオイル

は化粧品扱いとなります。

美白や黒ずみケアの医薬品では、トランシーノやキミエホワイトがあります。

化粧品だから効果がないとは言えない

ただし、「化粧品だから効果がない」というわけでもありませんし、「医薬部外品なら確実」ということでもありません。厚生省で医薬部外品の承認を受けるには手間もそれに伴うコストや期間もかかってしまいますので、それは最終的に商品の販売価格に跳ね返ってきてしまいます。発売時期が遅くなってしまうこともあります。

そういったことを嫌がって、医薬部外品の承認を受けずに、あえて「化粧品」として発売しているメーカーや商品も少なくありません。

ページの先頭へ